1994年の雷鳴


親愛的用戶您好,為了取得最佳的瀏覽效果
請您將Flash播放器更新為最新版本。 由此處取得 Flash

影片描述

*犽玥′σ

上傳日期:2014-09-08

あの日は空が光ってた
時折瞬きするように
少し遅れて雷鳴 そばで響いた

校舎の壁に体を寄せて
僕らは雲行きを案じた
風に混じって頬に雨粒
「帰れないね」って君が言った

シャツが汗まみれ
息苦しくなる
確かに恋だった

二人の若さは不器用で
見つめ合うことさえできなくて
同じ空気を吸うのが精一杯だった
胸の奥のその片隅に
気付かれないように隠してた
イタセクス アリスとは片思い

土砂降りの雨 なすすべもなく
ぬかるむ地面を見ていた
灰色の空こもる稲妻
君の横顔照らしていた

何を話せばいい
無口な轍が
心に続いてる

二人の若さは不器用で
見つめ合うことさえできなくて
同じ空気を吸うのが精一杯だった
僕はそっと耳を塞いで
大人の足音拒否したんだ
吐き出せない何かにいじけてた

あの日は空が光ってた
時折瞬きするように
少し遅れて雷鳴 そばで響いた
まるで神に指を刺されて
見えない愛しさに怯えてた
思い出そう切ない1994



那天突然天空一亮
就像眨了一下眼
雷聲就在稍後響起了

身體靠在校舍的牆上
我們擔心起了之後會如何
風中混雜著雨水打在臉上
妳說了句『回不去啦』

制服襯衫滿是汗水
悶得受不了
這就是戀愛了吧


我倆太年輕而笨拙
就連互相對望都辦不到
光是待在一起呼吸就很勉強了
像是在心中的某個角落
要隱藏那份心意不被發現
就像小說vita sexualis裡的單戀那樣


雨水帶著沙土而落 我倆無能為力地
只能盯著泥濘的地面
灰色天空中閃爍的閃電
照亮了妳的側臉

能找點話聊就好了
然而卻一直沉默
在心裡重覆著


我倆太年輕而笨拙
就連互相對望都辦不到
光是待在一起呼吸就很勉強了
我輕輕塞住雙耳
拒絕了大人們的接近
但卻像害怕什麼似的什麼也說不出


那天突然天空一亮
就像眨了一下眼
雷聲就在稍後響起了
就如同被神指著
對看不見的愛情膽怯著
讓我想起了那難受的1994年
展開影片描述

回應

想要回應這則精彩的影音嗎?請先