逍遙無窮 - 8位網路實力歌手翻唱


親愛的用戶您好,為了取得最佳的瀏覽效果
請您將Flash播放器更新為最新版本。 由此處取得 Flash

影片描述

g1681424

上傳日期:2014-02-04


【落櫻風(鐵拐李)】
望酒影醉看人間 塵世太多苦痛

【紫淩孤君(漢鐘離)】
我輕搖蒲扇別憂愁 生死掌握手中

【靜默之音(呂洞賓)】
揮神劍斬破紅塵 驅魔道最是功

【五色石南葉(張果老)】
我倒行歸隱山水中 不惹一絲凡庸

【慕寒(韓湘子)】
吹奏天上曲 仙樂朦朧

【Assen捷(曹國舅)】
玉板聲 喚醒一切錯綜

【重小煙(何仙姑)】
骨若白玉青蔥 貌似初荷落虹

【Tacke竹桑(藍采和)】
竹籃花 恰似瓊樓玉宮


【合唱】

問誰俠氣如泓
看世間 歡笑悲痛
芳名千載何用 歡笑自在秋冬
我只求 逍遙無窮


【落櫻風(鐵拐李)】
望酒影醉看人間 塵世太多苦痛

【紫淩孤君(漢鐘離)】
我輕搖蒲扇別憂愁 生死掌握手中

【靜默之音(呂洞賓)】
揮神劍斬破紅塵 驅魔道最是功

【五色石南葉(張果老)】
我倒行歸隱山水中 不惹一絲凡庸

【慕寒(韓湘子)】
吹奏天上曲 仙樂朦朧

【Assen捷(曹國舅)】
玉板聲 喚醒一切錯綜

【重小煙(何仙姑)】
骨若白玉青蔥 貌似初荷落虹

【Tacke竹桑(藍采和)】
竹籃花 恰似瓊樓玉宮


【合唱】

問誰俠氣如泓
看世間 歡笑悲痛
芳名千載何用 歡笑自在秋冬
我只求 逍遙無窮


【合唱】

問誰俠氣如泓
看世間 歡笑悲痛
芳名千載何用 歡笑自在秋冬
我只求 逍遙無窮
展開影片描述

回應

想要回應這則精彩的影音嗎?請先
  1. 2014-02-15 08:47:15 g1681424 說:

    逍遙無窮 (日文翻譯)

    【鉄 ( てつ ) は李 ( すもも ) を誘拐 ( ゆうかい ) する】:
    酒 ( さけ ) は写真 ( しゃしん ) が酔 ( よ ) うとこの世界 ( せかい ) を見 ( み ) ると希望 ( きぼう ) し この世 ( よ ) は苦痛 ( くつう ) を増加 ( ぞうか ) しすぎ

    【漢鍾 ( かんあつむ ) は別 ( わか ) れる】:
    私 ( わたし ) がそっと蒲扇 ( がまおうぎ ) を揺 ( ゆ ) れると心配 ( しんぱい ) してはいけず 生死 ( せいし ) は手中 ( しゅちゅう ) を把握 ( はあく ) し

    【呂穴客 ( ろあなきゃく ) 】:
    神剣 ( しんけん ) を振 ( ふ ) るって破 ( やぶ ) れている俗世間 ( ぞくせけん ) を切 ( き ) り 魔物道 ( まものみち ) が最 ( もっと ) も成果 ( せいか ) であると駆 ( く )

    【張果 ( はりはたし ) は歳 ( とし ) をとっている】:
    私 ( わたし ) はかえって退官 ( たいかん ) の山水中 ( やますいちゅう ) を行 ( い ) き 一 ( いち ) 10万分 ( まんぷん ) の1尺起 ( しゃくお ) こさせないで平凡 ( へいぼん ) で

    【韓湘子 ( かんしょうこ ) 】:
    吹奏天上 ( すいそうてんじょう ) の曲 ( きょく ) 仙 ( やまと ) は楽 ( たの ) しくぼんやりしていて

    【曹国 ( そうこく ) おじ】:
    玉板声 ( たまいたごえ ) すべてを呼 ( よ ) び覚 ( さ ) まして入 ( はい ) り混 ( ま ) じって

    【どんな仙女 ( やまとおんな ) 】:
    骨白玉 ( ほねしらたま ) があさぎ色 ( いろ ) 初 ( はじ ) めを見 ( み ) える蘭落 ( らんお ) ちる虹 ( にじ )

    【青 ( あお ) く和解 ( わかい ) を摘 ( つ ) みとる】:
    竹 ( たけ ) カゴ ( かご ) 花 ( はな ) 瓊楼玉宮 ( ぎょうろうたまみや ) のようで


    【合唱 ( がっしょう ) 】:

    誰 ( だれ ) に仁侠 ( にんきょう ) を聞 ( き ) きすじ
    世間 ( せけん ) を見 ( み ) て 悲 ( かな ) しみに楽 ( たの ) しそうに笑 ( わら ) い
    名前 ( なまえ ) が千年何 ( せんねんなに ) 歓笑 ( かんわらい ) は気 ( き ) ままで秋 ( あき ) どん
    私 ( わたし ) は求 ( もと ) めて 気 ( き ) ままに際限 ( さいげん ) がない


    【鉄 ( てつ ) は李 ( すもも ) を誘拐 ( ゆうかい ) する】:
    酒 ( さけ ) は写真 ( しゃしん ) が酔 ( よ ) うとこの世界 ( せかい ) を見 ( み ) ると希望 ( きぼう ) し この世 ( よ ) は苦痛 ( くつう ) を増加 ( ぞうか ) しすぎ

    【漢鍾 ( かんあつむ ) は別 ( わか ) れる】:
    私 (わたし ) がそっと蒲扇 ( がまおうぎ ) を揺 ( ゆ ) れると心配 ( しんぱい ) してはいけず 生死 ( せいし ) は手中 ( しゅちゅう ) を把握 ( はあく ) し

    【呂穴客 ( ろあなきゃく ) 】:
    神剣 ( しんけん ) を振 ( ふ ) るって破 ( やぶ ) れている俗世間 ( ぞくせけん ) を切 ( き ) り 魔物道 ( まものみち ) が最 ( もっと ) も成果 ( せいか ) であると駆 ( く )

    【張果 ( はりはたし ) は歳 ( とし ) をとっている】:
    私 ( わたし ) はかえって退官 ( たいかん ) の山水中 ( やますいちゅう ) を行 ( い ) き 一 ( いち ) 10万分 ( まんぷん ) の1尺起 ( しゃくお ) こさせないで平凡 ( へいぼん ) で

    【韓湘子 ( かんしょうこ ) 】:
    吹奏天上 ( すいそうてんじょう ) の曲 ( きょく ) 仙 ( やまと ) は楽 ( たの ) しくぼんやりしていて

    【曹国 ( そうこく ) おじ】:
    玉板声 ( たまいたごえ ) すべてを呼 ( よ ) び覚 ( さ ) まして入 ( はい ) り混 ( ま ) じって

    【どんな仙女 ( やまとおんな ) 】:
    骨白玉 ( ほねしらたま ) があさぎ色 ( いろ ) 初 ( はじ) めを見 ( み ) える蘭落 ( らんお ) ちる虹 ( にじ )

    【青 ( あお ) く和解 ( わかい ) を摘 ( つ ) みとる】:
    竹 ( たけ ) カゴ ( かご ) 花 ( はな ) 瓊楼玉宮 ( ぎょうろうたまみや ) のようで


    【合唱 ( がっしょう ) 】:

    誰 ( だれ ) に仁侠 ( にんきょう ) を聞 ( き ) きすじ
    世間 ( せけん ) を見 ( み ) て 悲 ( かな ) しみに楽 ( たの ) しそうに笑 ( わら ) い
    名前 ( なまえ ) が千年何 ( せんねんなに ) 歓笑 ( かんわらい ) は気 ( き ) ままで秋 ( あき ) どん
    私 ( わたし ) は求 ( もと ) めて 気 ( き ) ままに際限 ( さいげん ) がない


    【合唱 ( がっしょう ) 】:

    誰 ( だれ ) に仁侠 ( にんきょう ) を聞 ( き ) きすじ
    世間 ( せけん ) を見 ( み ) て 悲 ( かな ) しみに楽 ( たの ) しそうに笑 ( わら ) い
    名前 ( なまえ ) が千年何 ( せんねんなに ) 歓笑 ( かんわらい ) は気 ( き ) ままで秋 ( あき ) どん
    私 ( わたし ) は求 ( もと ) めて 気 ( き ) ままに際限 ( さいげん ) がない